合同会社(LLC)について 2

 

有限責任社員となるのです。株式会社と同様、会社債権者は社員に対して強制執行などを行えません。

組合的規律が適用されることで、業務執行にあたるのは人的信頼関係のある少数の社員です。

社員全員一致での定款変更などを行うことを原則としており

持分の譲渡に対しては他の社員全員の承諾を必要としています。

有限責任社員のみで社員が構成されることから

金銭出資もしくは現物出資(財産的評価が可能なもの)ができますが、現物出資を行う際にも、検査役の調査は必要ありません。

株式会社と同様、会社債権者に対して間接有限責任を負うだけのため

社員となった時点で現物出資財産全部の給付および金銭全額の払込みをする必要があります。

株式会社と違う点は

会社に対する債権と出資の履行債務の相殺が可能なところです。