合同会社(LLC)は新しい事業体 メリット・デメリット 1

 

会社設立の方法として、株式会社以外では

合同会社(LLC)としての設立が注目されています。

LLCは、アメリカから導入されたシステムで

年間創業者数の半分に迫る勢いで匹敵するようになっています。

日本では、IT関連などのベンチャー企業に多く見られます。

事業運営上の意思決定を行うときに

取締役会や株主総会を開催せずに

社員や出資企業同士で、意思決定することができるためです。

合同会社(LLC)の特徴は

会社債権者に対して社員(出資者)が

間接的に有限責任を負うことです。

そのため社員は、会社債権者から

差し押さえなどの強制執行は行われません。