合名会社について 1

 

合名会社の社員は直接無限責任社員のみを構成員とします。

未成年者や外国人、もしくは法人でも社員になることができます。

会社債権者に対して各社員は、直接、連帯、無限責任を負います。

株式会社などで雇用されている通常の社員とはその扱いが異なるのです。

会社債権者に対して社員は、直接、自己の全財産にて会社債務の弁済義務を負います。

社員の個性が重視されます。

原則として定款変更などの重要事項の決定の際、総社員の同意を必要とします。