有限責任事業組合(LLP)について 1

 

日本版のLLCである

合同会社は、法人格があるのですが

アメリカのLLCのように

構成員課税(パス・スルー)が適用されないことから

平成17年8月1日より始まった制度が

有限責任事業組合(LLP)です。

有限責任事業組合(LLP)の特徴として

まず間接有限責任があります。

LLPでは「出資価額」を

限度として責任を負うことで済むため

出資者の責任が軽減されている点です。

責任の軽減がある代わりに

債権者保護のための有限責任事業組合契約の登記義務や

財務データの開示義務

そして、債務超過時の利益分配の禁止といった規制を受けます。