会社にすると税金対策に関してのメリットがある 1

 

会社設立をすることによって

得られるメリットには

間接有限責任の原則や、社会的信用性の確保や

優秀な人材が確保されるということの他にも

大きなメリットがあります。

それは、税金対策に関することです。

法人の場合であっても自営業者の場合でも

事業収入から必要経費を引いた額が、事業所得となります。

事業所得を抑えるには

必要経費を計上することで可能となるのです。

会社の場合には、法人の必要費用として

役員報酬を計上しながら

役員個人としての給与明細控除を受けられるため

節税のメリットが高まるのです。