法人化する税金対策に関してのメリット 1

 

会社設立をすることでのメリットとして

個人事業主では、得られないメリットが

たくさんあります。

税金上のメリットは、その中でも大きなものでしょう。

実は、会社を設立することで税率が下がるのです。

単純に、会社と個人事業主の所得に関する

税率を比較してみても

はるかに低い税率が会社に対して適用されるため

税務上有利なのです。

個人の場合の所得税と住民税を足した税率は

課税所得金額が、200万円以下の場合税率は15%となります。

330万円から700万円までは30%になり

1,800万円を超えると50%になります。