会社設立の目的について決める 1

 

株式会社設立に際して、まずはじめに目的を決める必要があります。

目的とは会社が営もうとする事業のことです。

商号と同じく、会社の憲法とも呼ばれる定款に

必ず記載する必要のある重要な項目です。

法律的にはこの「目的」を基準として「会社の権利能力の範囲」が定められます。

実際に行う事業だけでなく

行う予定のない事業でも目的として登記することができます。

例をあげると

建設業や宅建業

人材派遣業や貸金業などの

許可業務であったとしても許可申請を行う前に

「目的」として登録ができます。