会社設立 大阪|定款の作成をする(発起人の記載)1

 

株式会社の設立のため必要な定款の作成の際

絶対的記載もしくは記録事項として

「目的」や「商号」

「本店の所在地」

「設立に際して出資される財産の価額又はその最低額」

「発起人の氏名又は名称及び住所」

そして「発行可能株式総数」があります。

定款には、発起人の氏名又は名称及び住所は

発起人が誰なのかを明らかにするために記載されます。

発起人とは、定款に署名または記名押印もしくは電子署名をした者です。

定款に署名をしなければ

実質的に設立に対して企画をしたり力を尽くしたとしても

法律上の発起人として認められません。