出資金の払込みについて 2|会社設立 大阪

 

定款認証前に、出資金の払込みをしても無効となってしまいます。

既に出資額相当の預金残高があったとしても

改めて払込みを行うことが必要となります。

発起人名義の預金通帳は、既存のもので良いため

新規開設する必要はありません。

発起人名義での振り込みで払込みを行う必要があります。

預け入れでは通帳に名義人が記載されないためです。

払込証明書の一部として使用するため、振り込み後は表紙の裏側のページである

振込先金融機関名・支店名・口座番号・口座名義人の記載されているページと

出資金の振り込みが記帳されているページです。

振り込みの記帳された部分に

赤のアンダーラインもしくはマーカーでわかりやすくしておきます。

代表取締役名義の払込みがあったことを証する書面を

記載例を参考にして作成します。

通帳のコピーと払込みがあったことを証する書面もしくは

利用明細票などを左端でホチキス留めした後

ページとページの間を会社の代表印で契印します。