合資会社の特徴 2

 

そのため、出資者のみでなく社長にもなれます。

会社法の適用により、無限責任社員と有限責任社員のどちらかのみとなっても解散しません。

無限責任社員となった場合は、合名会社になる定款の変更をしたとみなされます。

有限責任社員のみとなった場合は

合同会社となる定款の変更をしたとみなされます。

無限責任社員の出資に関しては、金銭などに限らず、労務や信用の出資ができます。

有限責任社員は、金銭の出資もしくは現物出資ができます。

現物出資できるのは、財産的評価が可能なもののみです。

現物出資を行う際にも検査薬の調査は不要です。

会社債権者に対して直接責任を負うことから、社員となる時点で出資の履行を行わなくても構いません。

会社に対する債権と出資の履行債務の相殺も可能です。