株式会社設立までの流れ 2

 

つづいて出資金の払込みを行い

法務局に提出する書類を作成します。

会社名や所在地などを登記して、会社の印鑑を登録するための書類です。

その書類は株式会社設立登記申請書

発起人決議書

設立時取締役の就任承諾書

印鑑届書

資本金の額の計上に関する証明書などのことです。

その次には本店所在地の近くにある公証役場にて

電子定款を受け取り

同じく本店所在地の近くにある

法務局に書類を提出することで会社の設立となります。

会社の設立日から1週間ほど経過しますと

会社の登記簿謄本を法務局から受け取ることができます。

法務局の登記処理完了後に

印鑑カード

印鑑証明書

登記事項証明書を申請し取得します。

これらを取得することではじめて

会社の銀行口座を開設することができます。

そして会社設立後の手続として、税務手続きや保険手続きを行います。