自分の喜びを追求する行為が他人の幸福への奉仕… 本田宗一郎 2

 

自分の喜びを追求する行為が

他人の幸福への奉仕につながるものでありたい

人間は必要なものだけをそろえるだけでは

生きてはいけない生き物です。

必ず楽しみや喜びが必要なのです。

そして、その喜びや楽しみを追求する行為は

ほかの人と一緒に行い、共有することでより増幅されます。

それが、人の人生を幸福なものにし、人間関係を豊かにし

ひいては社会全体を幸福にするきっかけになるのではないでしょうか。

格差社会の進行が叫ばれ、自分だけの幸福を

追求する人が増えていると言われています。

この名言は、そんな社会の風潮に

警鐘を鳴らすものとなるのではないでしょうか。