自分の喜びを追求する行為が他人の幸福への奉仕… 本田宗一郎 1

 

自分の喜びを追求する行為が他人の幸福への奉仕につながるものでありたい


これは本田技研の創始者

本田宗一郎が、残した名言です。

松下幸之助と並ぶ日本を代表する企業人として

今でも高く評価されている本田宗一郎。

その衰えることのない好奇心と人間的魅力で

本田技研を「技術のホンダ」と言わしめる

世界的企業にのし上げることに成功しました。

この名言は、そんな本田宗一郎の人生を総括する

一言といってもよいのではないでしょうか。

ホンダといえば、一時代を築いたF1、あるいは「アシモ」で知られるように

わたしたちに夢を与える事業を、多く手がけるメーカーとしても有名です。

これらは決して採算が合うとはいえず

コスト面では優れた事業とはいえない面もあるようです。

それを差し引いても行ってきた背景には

自分の好奇心を満たすためだけでなく

多くの人の好奇心をも満たし

幸福にさせる目的があったからではないでしょうか。