合同会社(LLC)の定款について 1

 

会社設立の方法として

株式会社の他に合同会社(LLC)を、選択する事業者が増えています。

合同会社(LLC)の設立には

社員(構成員)全員で原始定款を作成し

定款に署名

記名押印

もしくは電子署名

をする必要があります。

原則的に合同会社(LLC)は

社員全員が業務執行を行う組織のため

公証人の認証は不要です。

そのことから

定款認証手数料の5万円を、支払うことはありませんが

定款の原本は印紙税法の課税物件に

該当するため4万円の収入印紙の貼付を必要とします。